猫は完全室内飼育をおすすめするのには、伝染病予防や事故防止などです。 が、今回のこの写真の猫ちゃんは、毛にフケのようなものがあります。 これ実は「虱(しらみ)」です。正式な和名はネコハジラミです。 毛に卵が多数ふちゃくしてます。 また、耳の中には「耳ダニ(ミミヒゼンダニ)」も寄生していました。 これらの外部寄生虫は多くは接触感染です。...
犬の妊娠出産、、、ってはっきり言って苦手です、でした。 妊娠させたいと言われて排卵日を推測するには古典的な膣の細胞診に頼っていました。 まあ、大まかな状態はわかります。 が、今適期です言っても当たる?ことも多くありませんでした。...
猫の病気 · 2019/06/19
最近、石川町内で風邪の症状を訴える重篤な状態の猫が何例も来院されています。 猫カリシウイルス感染症です。 家庭内で集団感染をして何頭も亡くなっている家庭もあるそうです。 2つの症例では白血球、血小板数が激減していて、貧血も認められました。 (うち1例は白血病ウイルスの感染もみとめられました。)...
お水を飲む量が増えたなあ、トイレのお掃除、交換が多くなったなあと思うことがありませんか? 喉が乾いてるのかと見過ごす方が多いのですが、これは病気のサインです。 ホルモンの病気、子宮の病気、糖尿病、腎臓病、電解質異常、肝疾患、お薬の影響などがあります。 新鮮な尿を持ってご来院をお薦めします。
猫の病気 · 2019/05/20
猫の飼育頭数の増えています。 それに伴い、多頭飼育されるご家庭も増えていると思われます。 これから猫を飼う方、増やそうとしている方で気を付けなければいけないことの一つに感染症があります。 三種混合ワクチンは全部の猫が接種を推奨されますが、飼育環境によってはそれ以外のワクチンも必要となります。...
フィラリア予防 · 2019/05/09
例年通りなのですが、フィラリア予防のDMを送らさせていただきます。 フィラリア症については以前のブログに書いたものを御参照下さい。 ほとんどの健常な犬はこの時か狂犬病、ワクチン以外のご来院がないのがの普通です。 体重の増減(肥満傾向?痩せてる?)、心臓の音は?、その子の健康な時の血液の数値は?ご存知ですか?...
混合ワクチン · 2019/04/27
犬のワクチンには色々な種類があります。 まず、狂犬病です(こちらは法律で接種義務があります。)...
猫の病気 · 2019/04/19
ペットの腸の中に寄生する寄生虫は何種類も居ますが、今回は同じ子から3種類検出された例です。 保護した迷い猫からウジ虫の様なものが出てるとのことで来院されました。
food,食事 · 2019/04/05
当院でお薦めしている療法食についてです。 6月より順次、ロイヤルカナンが 【pHコントロールシリーズ】製品をリニューアルするとの連絡がございました。 犬猫ともに「pHコントロール」だった名前が「ユリナリーS/ O」と名称の変更になると共に、 デザインと中身のマイナーもしくはアップグレード変更となるそうです。 ユリナリー(Urinary)=尿の意味です。 猫...
今回は子猫の下痢から検出されたジアルジアについてです。 下に貼ったGIF画像で小さなレモン状の物がすべてジアルジアです。 原虫と言う単核生物(アメーバの仲間です)で腸に寄生して下痢などを起こします。 良くなったと思っても再発したりとなかなか厄介な寄生虫で長期間治療にかかる事も多くあります。 ヒトにも感染するので手洗い等が重要になります。

さらに表示する